« (260) 通知表を見て | トップページ | (262) 帰省を前に »

2011年7月29日 (金)

(261) 休みの過ごし方

ここのところ曇りか小雨の日が多く、過ごしやすい日が続いています(比較の問題ですけど)。

一時の炎暑が一段落してヤレヤレというところですが、息子はまだ暑いようです。大好きなラーメンも、散々食った後に「暑いのにラーメン食べさせないで」と抗議するそうですwobbly

長い夏休み、基本的にどこのご家庭でも退屈したお子さんの連れて行き場に困っているお話を耳にします。これは、障害の有無に関わらず不変だと思いますが、実は息子はそれほど暇を持て余しているわけではありません。そもそも宿題が結構出されているというのもありますが、彼の場合行くところもそれなりにあります。

行き先としては、ベースとして普段から通っている療育教室、体操教室、病院(耳鼻科)、病院(皮膚科)があり、これ以外に地元のNPOが開催する障害者向けの水泳教室にもエントリーしています。

こういう時に、妹はどうしてもそれにつきあわされてしまう(年中さんを家に一人で置いていけませんし)こととなり可哀想だなと思うこともありますが、できるだけ不便を感じさせないように心がけてはいます。

例えば、体操教室は見学ではなくお兄ちゃんと一緒のクラスで受けさせています(当然のことながら、お兄ちゃんのクラスの子は不器用な子が多いので、年齢差があっても運動得意の妹は彼らと伍してやっていけてしまうという事情もあります)。

また、お兄ちゃんが療育教室で授業を受けている間は、お兄ちゃん抜きでお母さんと関われるというメリットを享受させています。

そんなこんなで日々を送っているのですが、妹も段々お兄ちゃんを主体としたお出かけプランに従って一緒に出かけることに抵抗を示すようになっています(体操は好きなのでそんなことはありませんが)。

まあ、それはそれでやむを得ないと思いますので、その対応としては、保育園の一時預かり制度を使うようにしています。これは、公立保育園で若干名をテンポラリーに預かってくれるというもので、当然のことながら申し込み者は結構多いです。ゆえに予約のできる最初の日の受付開始直後に申し込まないとあっと言う間に埋まってしまうという弊害はありますが、ここに行けばお友達と遊べて、今は季節柄好きな水遊びもできるので本人も気に入っているようです。

そんな感じで妹にかかる負担をできるだけ少なくするように努めています。というか、できることはそれくらい、ということもありますが。

なお、息子は家では宿題をやった後、一人でプラレールとミニカーと妹の人形などで町のジオラマを作って遊ぶことが多くなっています。プラレールは昔は電池を入れて動かさずに手で転がしていたのですが、今はそういうジオラマの中で電池で走らせるようになっています。

あとは、どこからどうやって見つけたのかは知りませんが、パソコンでyoutubeの中からACのCMのポポポポーンをパロディ化した松岡修造さんの出る動画を見ては大笑いしています。

そろそろネットリテラシィについても教えていかないとなあ、と思っています。

« (260) 通知表を見て | トップページ | (262) 帰省を前に »

きょうだい児」カテゴリの記事

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/52341325

この記事へのトラックバック一覧です: (261) 休みの過ごし方:

« (260) 通知表を見て | トップページ | (262) 帰省を前に »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ