« (253) お友達が欲しい | トップページ | (255) 海洋天堂を観て(どうでもいいかも知れない部分編) »

2011年7月 9日 (土)

(254) 1学期最後の通級で

早いもので7月も上旬が終わろうとしています。通級指導教室は、今週で1学期分が終了となりました。

1学期最後ということで一人ずつ発表を行ったそうなのですが、息子はかなり嫌がって参加すること自体を拒否、大声で「いやだ」「ぼく、やらない」と言い続けてクールダウンのために外に出たりと先生も大変だったようです。

前回お友達が欲しいと言い出したことを書きましたが、お友達があるルールに基づいて動いていることを理解できないもどかしさから(だと思うのですが)、本人のプライドの高さと相まって最初からそういうものに対する参加を拒否する傾向がここのところ顕著になってきています。これではまだ友達と遊ぶのは無理だよなあ、と思っています。すごろくくらいならできるのですけど。

昔だったら「何を甘えさせている!無理やりにでも参加させないとますますわがままになるじゃないか」というような指導があたり前だったのでしょうけど、そういう指導ではますます悪い方向にしか行かないと思いますし、もっと穏当な表現で自分の意思を伝えればよいことを教えていこうと思います。更に理由まで言えたら良いのですけどね。

ちなみに、先生の対応も息子の特性に配慮したものでありがたいと思いました。

なお、無理やりにでも参加させるということをやると、そういうヤダヤダ状態を周囲に見せることによって、お友達からますます引かれてしまうことになってしまいます。こちらの面も気をつけた方が良いと考えています。

まあ、拒否も周りが見えるようになった成長の証と理解してはいるんですけど、成長するたびに更に何かがある、ということに慣れていくしかないですねえ。

« (253) お友達が欲しい | トップページ | (255) 海洋天堂を観て(どうでもいいかも知れない部分編) »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (254) 1学期最後の通級で:

« (253) お友達が欲しい | トップページ | (255) 海洋天堂を観て(どうでもいいかも知れない部分編) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ