« (252) 学校選択 | トップページ | (254) 1学期最後の通級で »

2011年7月 5日 (火)

(253) お友達が欲しい

息子が、いきなり「同じクラスの子はみんなひどいんだ。お友達になってくれないんだ」と主張し始めました。今まで、お友達が欲しいなんて言ったことがないので、どうしたんだろうとまずはびっくり、そしてそういう気持ちが出てきたのかと喜んでにっこり、でも言っていることをそのままに受け取っていいんだろうかという疑問もあったりします。

「休み時間にお友達になってくれない」という言い方もするので、「お友達と休み時間に何をしたいの?」と質問してみました。具体的に何を、というのはどうも無いようで、何となくEテレ(教育テレビ)の番組で「休み時間に友達と仲良く過ごす」というようなフレーズが流れているのを見て、それを受け売り(遅延のエコラリア)しているだけかも知れず、学校で集団で無視されているというイジメのような状態ではなさそうです。そもそも、息子が友達にどんなアプローチをしているのかもわかりませんし(ちなみに、最近の息子のお気に入り番組はEテレのストレッチマンで、元々親としても見てもらいたい内容なのでハードディスクに録画しています。そうしたら、なぜか妹までよく見ています)。

ただ、こういうことを言い出してきたのもひとつの成長だと思いますので、担任の先生にもお伝えして少し手を貸して頂こうかとは思っています。何か一緒にできる遊びを見つけ友達と遊ぶことが楽しいんだ、人と関わることは面白いんだという経験をさせたいと思いますし。

もちろん焦りは禁物で、今回何が何でもうまくつなげてやるということは考えておりません。ダメならダメで、次にまた機会があるだろうと長い目で見るようにしたいと思います。

« (252) 学校選択 | トップページ | (254) 1学期最後の通級で »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (253) お友達が欲しい:

« (252) 学校選択 | トップページ | (254) 1学期最後の通級で »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ