« (238) 運動会再延期 | トップページ | (240) 食事の様子 »

2011年5月31日 (火)

(239) 運動会開催

今日は久々に天気が良くなり、これまで延び延びとなっていた運動会が開催されました。会社の仕事もちょうど先週末に一つ資料の提出を終えていて、他に急ぎの案件も無かったことから、お休みして見に行きました。

息子は朝、実はあまり機嫌がよくありませんでした。相変わらず夜更かししていて目覚めが悪く、朝ごはんも食べようとしません。なだめすかしてみたものの、結局目玉焼きと5個パックの薄皮クリームパンの1個だけしか食べませんでした。これだと、学校に行って空腹でさらに不機嫌にならないか、と先行きが危ぶまれました。

せっかくの晴れ間ということで、妻は溜まった洗濯物を処理してから行くこととなり、開会式のあたりは先発した私が見ることになりました。私が小学校に着いた時には開会間近ということで、生徒さんが既にそれぞれの場所に自分の椅子を持ち出して座っていて、来賓席脇の保護者エリアが校庭をはさんで反対側になるという立地的な関係から、目を凝らしても見つけきらず、そのまま運動会が始まって生徒さんが入場して整列しても息子は背が高いので後ろ側となり、前の子の頭が視線を遮る結果やっぱり見つけきらず、という状況になってしまいました。

本来なら、残念だと思うべきところなのでしょうが、私にとってこれは率直にすごく嬉しいことでした。なぜなら正直なところ、去年と同様普段補助についてもらっている先生の近くにいるだろうからその先生を目印にすればいいやと思っていたのに補助されずに紛れていた、しかも(親が言うのも何ですが)奇妙な行動をしている子を探しても見つけきらなかった、ということは(今流行の)想定外であり、息子の成長を感じられるできごとだったからです。

その後、開会式が終わって席に戻ったところでこちらも生徒席側に近寄り、やっと息子を見つけることができました。で、驚いたことがまた・・・

ちょうど他の学年の徒競走が行われていたところ、他の子と一緒にピョンピョン跳ねながら左腕を天に突き上げて応援していたんです。そんな感情が育っていたなんて・・・本当にビックリのひと言です。もしかしたら、他の子がやっているのを真似しているだけで、応援するという感情までは無いのかも知れませんが、それでもそういう動作模倣をできるようになっただけでもやっぱりすごいと思います。

2人一組の障害物競走では、多少「?」となるような不可思議な行動もありましたが、4つの障害を若干時間がかかりながらも2人でクリアしていました(他にもっと時間がかかっている組もあったのに)し、50m走ではレベルを揃えていたこともあって何と1位(でも、あのぎこちない走りで何で? と思っています。ブービーメーカーだと信じていましたので)、踊りはかなりぎこちないものの、後ろの子の差配に従う等して最後まで踊りきることができました。

スクールカウンセラーの先生とバッタリお会いした時に「ここのところ調子が良いようだったので、運動会も何とかいけると思っていました。1位になったのは頑張りましたね、最後まで気を抜かないということができたのが良かったのでしょう」と言われました。

自分が出ない時は自席にいるのですが、不意に立とうとする息子を他の子が止め、それに従って座るけどまたしばらくして立とうとして(以下繰り返し)ということもありましたが、そういう周囲の子ども達の手助けを実際に見ることができました。これはすごくありがたく受け止めています。

帰宅後「駆けっこ1番だったね。がんばったね」と言ったら息子は「1番だったか2番だったかわからなかった」と言っていました。でも、嬉しそうでした。

今日はとても嬉しい経験をできた日でした。

« (238) 運動会再延期 | トップページ | (240) 食事の様子 »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (239) 運動会開催:

« (238) 運動会再延期 | トップページ | (240) 食事の様子 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ