« (224) とりあえずの3日間 | トップページ | (226) 通級開始 »

2011年4月13日 (水)

(225) 通級説明会

先週某日、息子が今年度から週1で通う通級指導教室の事前説明会があり、妻が出席しました。これは、通級指導教室の設置されている小学校(≠息子の小学校)で行われたもので、私の住んでいる自治体では1校で周辺の5校分くらいをカバーしているようです。

内容は校長の挨拶から始まって、通級指導を担当する先生方が年間スケジュールや日々のタイムスケジュール、通級でのルール、昨年度の指導の成果等を説明し、その後は個別に別れて、息子を実際に担当する先生から息子についての簡単なヒアリングを受けて終わったようです。

妻の受け止めは、担当の先生は結構やる気が感じられて好印象だったそうです。また、この説明会は2年生~6年生までの親が一堂に会することから、結構な人数がいて、これだけの「仲間」がいるんだなあと思ったとも。

ちょっと気になったのは、ある親御さんが「うちの小学校で通級を希望していた子が他にもいたんだけど、審査でダメだったみたい」とおっしゃっていたとのことで、希望者が全員通級に通えるようになるわけではなく、WISCの出来もその判断の重要な要素になっているようです。この点については、皆さんの受け止め方もそれぞれだろうと思いますが、行政が知的な面で切り分けようとしていることに効率主義を感じる一方、あまりかけ離れているとお互いに辛いのも確かだ、と私は思っています。ハッキリしませんが。

これとは全く別の話ですが、学校間での連絡や情報共有は相変わらずよろしくないようで、息子は通級先で給食を食べるということになっているので、必然的に本来の通学先の給食は食べないことになるのですが、これも親が改めて申し入れなければならないようです。通級に行くことは前々から伝えてあるので、ちょっと考えればわかると思うのですけどねえ。

何はともあれ、もうすぐ実際の通級が始まります。まずは期待しています。

« (224) とりあえずの3日間 | トップページ | (226) 通級開始 »

教育制度・環境」カテゴリの記事

コメント

通級が5校に対して1校だと、人数的にも大変ですよね。
先生はお一人でやられるのでしょうか。
上手く通級設置校の先生方もフォローに入ってくれると良いのですが・・・
もっと通級なども増やして欲しいですね。
保護者同士の意見交換等も出来るので、良いですよ。
ただし、中には集団で見ているのに個別対応を要求するモンスターが
いますので気を付けて下さいね。

瀬津喩様
コメントありがとうございます。
5校というのも決まっているわけではなくて、今年の説明会に来ていた人たちの学校を数えるとたまたま5校だったということです。言い換えると、他に通級指導を全く申し込む人がいなかった学校もあったかも、ということです(非現実的ですが)。

息子の学年(2年生)は人数も少なく(片手に満ちません)、かつ先生がメイン+サブで対応していただけるようなので、基本的に十分手厚い態勢だと思っています(今まで、30人の普通級に在籍していたわけですし・・・今もですが)。

ここに通うことがどのような結果につながるかはまだわかりませんが、ヌルく見守って行こうと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/51381780

この記事へのトラックバック一覧です: (225) 通級説明会:

« (224) とりあえずの3日間 | トップページ | (226) 通級開始 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ