« (220) 非日常が日常に | トップページ | (222) 学校活動での息子の取り組み »

2011年3月25日 (金)

(221) 第一学年終了

木曜日、息子の小学校は終業式を迎えました。

通知表を見ると、思ったよりもできていたようです。自閉傾向によるやむを得ない部分は別とすればですが。

1学期の学校公開でワケのわからない行動をしている息子を見た瞬間に、いかりや長介が降臨し「ダメだ、こりゃ」とつぶやいたのを確かに聞きましたが(嘘)、その後2学期、3学期と加配の先生のご指導のおかげで何とか一斉指示でも(時には)動けるようになってきています。この加配の先生を息子は好きなようで、相性って大事だなと思います。

ただ、この1年自律的に学校に通うという課題はものの見事に未達成で、時間割に合わせて持ち物を選ぶのも妻が手伝い、朝も半分はくすぐり起こし、そういう時は眠くて不機嫌で段々朝ごはん要らないと言い出すようになったりしました。毎朝妻が登校班の集合場所に連れて行くのですが、大抵一番最後となっていました。途中で寄り道したりしていたこともあったようですが、それでも一度家の外に出たら学校まで行けるようにはなっています。全部キチンとというのを期待してはいけないなあと反省しています。

来年からは通級指導を受けることとなっており、週に1回は私がついて送っていくこととなりそうです。本人がちゃんと起きてくれると良いのですが。

幸い、まだイジメにはあっておりません。ただ、これはいずれくると覚悟しており、その時にどのように学校に伝えるのが良いのか、考え中です。

« (220) 非日常が日常に | トップページ | (222) 学校活動での息子の取り組み »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (221) 第一学年終了:

« (220) 非日常が日常に | トップページ | (222) 学校活動での息子の取り組み »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ