« (214) 会話スキル向上のために | トップページ | (216) コミュニケーションと知能指数の壁 »

2011年2月26日 (土)

(215) 障害者に配慮した秩序の成否

まだこん平師匠が元気だった頃、笑点でこん平師匠が「わたしゃ難しいことはよくわかりませんが・・・」とおっしゃってましたが、障害者が健常者の望む像を押し付けられているというご意見に対しては、同様の思いを持ってしまいます。

確かに、今の社会秩序が健常者によって作られていて、それに沿うように直接・間接に要求されていることは事実だと思います。

では、どうするか? 恐らく3つ方法があって、1つは障害者と健常者の完全分離、1つは現状維持、最後の1つは新しい社会秩序の創出のどれかだろうと思います。

今回問題提起されている方々の立場からすれば、障害者が健常者の望む姿を押し付けられることなく社会の一員として生きられるのが当然となることを志向されるでしょうから、完全分離は論外、次に現状に問題があると言っているのですから、現状維持も論外となります。よって、新しい社会秩序の創出に向かわざるを得ないと思うのですが、これ本当にできるの? と疑ってしまうんですよね。

同じ社会の中で、健常者と障害者で異なる社会秩序を構築するというのは社会の一員という視点から論理矛盾であって、もし障害者ができないことはやらなくても良い、という秩序を構築するなら健常者も同じことをやらなくても良い、ということにしなければなりません(やるべきことをできないことは免除する、というのと最初からやらなくて良いことにするのは違うと思っています)。これは、かなりの変革を伴うこととなり、今の秩序を支持する人達に受け入れてもらうためには理と利から説得しきれない限りまず無理だと思っています。よって、こういう実現性の低いことをあれこれ考えることに対しては、「わたしゃ難しいことはよくわかりませんが・・・」というスタンスになってしまうのです。もちろん、自分も障害児の親としてもっと社会が理解してくれないかな、という忸怩たる思いはあるのですが、他面でリアリストとしての自分がそれは無理だと判断しております。

障害者が何か社会秩序に反することをしてしまった時に、その親等がつい言ってしまう「障害があって〇〇ができないんです」という言葉は、やられた側からすれば何の言い訳にもなっていません。障害者か健常者かなど関係なく、誰にやられてもイヤなものはイヤなのです。そもそも今、概念として障害者・健常者と言っていますが、首から名札をぶら下げているわけでもなく、外見から障害者・健常者を見分けることなど困難な場合も多いのですから、社会秩序は両者に共通のもので構築されている必要があると思います。

ということで、健常者が作り上げた現在の秩序に従わざるを得ないのですが、これがそんなに悪いものなのか、ということも考える必要があるでしょう。現在の秩序は、どんなことでもできないよりはできた方が良い、より付加価値が高い方が良いというナチュラルな人間の感情に基づいていると思っており、これを否定にかかるのは実際困難だと思います。あいさつだってできないよりはできた方が良い、実際「最近の若者はロクにあいさつもできない」と毒づくオヤジがたくさんいるわけですから、まずはできるようになることを目指すべきだと思います。形式的だ、意味がわかっていないのに教えるのはいかがなものかという意見もあるようですが、やらない理由探しをすることが障害者の生きやすさにつながるのかをよくよく考える必要があると思います。

« (214) 会話スキル向上のために | トップページ | (216) コミュニケーションと知能指数の壁 »

きょうだい児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/50971564

この記事へのトラックバック一覧です: (215) 障害者に配慮した秩序の成否:

« (214) 会話スキル向上のために | トップページ | (216) コミュニケーションと知能指数の壁 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ