« (213) 息子の評価 | トップページ | (215) 障害者に配慮した秩序の成否 »

2011年2月23日 (水)

(214) 会話スキル向上のために

会話能力がまだまだ低い息子は、帰宅後に「学校でいやなことをされたor言われた」とポツッと言うことがあります。じゃあ、「いつ」「誰に」「何を」「どのように」されたのかということを聞いてみるのですが、うまく伝えることができません。結局ウヤムヤになってしまいます。

たまたま「〇〇君に押された」と言ったことがあって、調べてみたらそれはだいぶ前のことだと判明したこともあります(その日は〇〇君、風邪で休んでいたので・・・)。いわゆるフラッシュバックだなと認識しました。

ということで、これではいかんわなと認識し、夫婦で息子と意識的に話すようにしています。学校から帰ったら、「今日の授業は何だった?」とか「給食は何を食べた?」とか「宿題は何か出た?」とかとか。そういうところからやっていくしかないなあと思っています。

考えてみれば、英語を学習する時もそういう基礎的な内容の会話から始めていくわけで、日本語でも不自由な状態であれば、同様に対応するしかないと思います。また、こういうことを積み重ねれば、息子も日々のできごとにより注目するようになるでしょうし、記憶して伝えることができるようになっていくだろうと目論んでいます。

これらが少しでも会話スキルの向上につながると良いのですが。

« (213) 息子の評価 | トップページ | (215) 障害者に配慮した秩序の成否 »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

具体的に伝える技術は
磨かれるものですもんね。

成長が楽しみですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (214) 会話スキル向上のために:

« (213) 息子の評価 | トップページ | (215) 障害者に配慮した秩序の成否 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ