« (210) 軽度発達障害に特化した教育 | トップページ | (212) 転進も視野に »

2011年2月11日 (金)

(211) 汎化に失敗?

息子が週に何回か個別指導を受けていることは書いたと思うのですが、個別指導の先生とは相性が宜しいようで、先生の指導だとすごくやる気になります。

ところが、同じことを教室に戻ってやらせようとすると嫌がったりふざけたりしてあまりやらなかったりするようです。

そんなわけで、今度学習発表会があるのですが、学校側の配慮で個別指導の先生に傍についてもらうことにしてくれました。

これって汎化に失敗していることになるんだろうなと思ったりもしますが、健常の子でも安心感を感じさせてくれる人が傍にいたら実力をフルに発揮できることもあるわけで、どうしたもんかなあと思っています。

« (210) 軽度発達障害に特化した教育 | トップページ | (212) 転進も視野に »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

療育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (211) 汎化に失敗?:

« (210) 軽度発達障害に特化した教育 | トップページ | (212) 転進も視野に »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ