« (206) 働くことを考える | トップページ | (208) 久々に早く帰宅 »

2011年1月29日 (土)

(207) 個別授業

息子は、週に何コマか個別授業を受けています。

個別と言ってもマンツーマンではなく、指導に配慮が必要な子を集めてより本人に適した方法で教える、というものです。

今まで3人だったそうですが、最近新しくメンバーが増えたようです。その子も前々から落ち着きが無いという評判のお子さんだったそうで、話を聞いた妻の印象は「やっぱりそうだったか」というものでした。実際には、もっと潜在的な需要はあると憶測しているのですが、授業への集中程度というのは定量的に把握できるものでもありませんし、親や本人の認識や意思やプライドによって実際にそのような支援を受けるかどうかについて差が出るのは仕方がないことですね。

ただ、残念なことにこの個別授業は2年生になるとコマ数が減るそうです。学校の認識は1年生の学校生活への適応(もっと言えば軟着陸)への支援を主目的としているようですので、1年生に配慮が厚くなるのは致し方ありません。この点で、この障害が治るものではない(∴学年が上がったら配慮が減っても大丈夫とはならない)という親の認識とはギャップがあると感じております。

一方で、個別授業ではなく、みんなの教室にいて、その脇について先生の一斉指示を個別の先生が補助するということができないかなという思いもあります。その方が、教室にい続けられるわけですから。

その昔、「這えば立て 立てば歩めの親心」の句になるほどと思ったことがありましたが、子の成長を願う気持ちは常に親の思いにあって、今は教室内で皆と一緒に授業が受けられるようにならないかなということなのだろうと思います。もちろん、それが簡単にできない息子の状況を認識していてはいるのですが。

« (206) 働くことを考える | トップページ | (208) 久々に早く帰宅 »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (207) 個別授業:

« (206) 働くことを考える | トップページ | (208) 久々に早く帰宅 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ