« (204) 息子の寝かしつけ | トップページ | (206) 働くことを考える »

2011年1月16日 (日)

(205) 他にもいる

13日、息子が学校から怪我をして帰ってきました。

息子が奇矯な振る舞いをすることによくない感情を持っている同級生がいて、たまたま何かの拍子に息子の手が体に当たったことに立腹して息子を突き飛ばしたらしく、息子が転倒した時に、顔面が何かに当たって怪我をしたということらしいです(両者を呼んでヒアリングをした担任の先生のお話によると、ですが)。

担任の先生が電話で状況を説明してくれたのですが、曰く「その子は感情が高ぶると押さえられないところがあって、息子君だけを狙っているわけではなく他の子に対しても時として手が出る」とのことでした。幸い怪我は大したこともありませんでしたが、ちょっとズレていたら目にあたっていた可能性もあること、および相手の親から何ら対応が無かったことから、さて今後どうしたものかと思ってしまいました。

正直なところ、やっぱりその子も発達障害系じゃないのかな、と疑う自分がいます。以前小学校に入学する前に息子の件で校長先生にお話に行った時に、「今年の入学生では、息子ともう一人そういうお話を聞いております」ということでした。ただ、そのもう一人は今回の相手方とは別の子だと知っておりますので、親が気づいていない、あるいは気づいても対処されていない子っているんだなあと認識を新たにしました。

息子は、14日も普通に学校に行きましたので、このことが不登校につながることはなくホッとしています。

« (204) 息子の寝かしつけ | トップページ | (206) 働くことを考える »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (205) 他にもいる:

« (204) 息子の寝かしつけ | トップページ | (206) 働くことを考える »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ