« (203) 障害者の正しい受け止めとは | トップページ | (205) 他にもいる »

2011年1月15日 (土)

(204) 息子の寝かしつけ

twitterの方にはチラッと書きましたが、娘が気管支炎をこじらせて入院しています。もう1週間になります。

妻は、平日は息子を小学校に送り出した後帰宅するまでの間病院に通って付き添っています。息子を一人で家においておけないのでこのような時間配分となるのですが、妻が家に帰ろうとすると娘に泣かれて切ないとこぼしていました。

今日は私がお休みということで、日中は私が病院に行きました。私が帰ろうとすると妻と同様に泣かれました。慣れることってないんですね、平家物語の俊寛を思い出しました。後ろ髪を引かれる思いでしたが帰宅し、夕方から夜寝るまでは妻が代わりに行くこととしました。結果として、夕飯・風呂入れ・子ども部屋の片付け・寝かしつけは私の担当となりました。

淡々とこなして寝かしつけている時に、息子に入院のことを話してみました。

「妹ちゃん、月曜日までは入院すると思うよ」「どうして入院しているの?」「病気がひどくなったから」「病気治らないの?」「良くなってはいるんだけどね。妹ちゃんがいなくて、寂しい?」「うーん、困ったなあ」(何を困っているの?)「いない方が良い?」「お母さん、帰ってこない?」(おいおい!)

というように、だんだんかみ合わない会話をしながら、しまいには「どうして布団の中は狭いの?」という意図がわからない質問に私が頭を悩ませているうちに、息子は寝てくれました。まあ、これでもエコラリアばかりだった時のことを思えば、かみ合うところも多少出てきているので、ヨシとしようと思います。

« (203) 障害者の正しい受け止めとは | トップページ | (205) 他にもいる »

きょうだい児」カテゴリの記事

家庭での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514748/50596058

この記事へのトラックバック一覧です: (204) 息子の寝かしつけ:

« (203) 障害者の正しい受け止めとは | トップページ | (205) 他にもいる »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ