« (187) 回復 | トップページ | (189) 書字 »

2010年11月28日 (日)

(188) 会社での経験

私は会社員です。勤務先の会社では年末にお得意さんのところにあいさつ回りをする風習があります(まあ、風習というよりどの会社でもやっていることだろうなと思いますが)。

工場で一緒だった新入社員のA君は、先輩社員(でも、私よりは後輩)と一緒に行くこととなっておりました。それで、会社の車をA君が運転して先輩社員とともに出発したのですが、1時間以上経った後に怒り狂った先輩社員が一人で事務所に帰ってきました。

「どうしたの?」と聞いたところ「A君が工場から出る前になって『工事の発注先の会社の事務所(工場の一角にある)に返さなければならない書類があるから立ち寄って良いか』と聞いてきたので、すぐ終わるだろうと思って許可した。しかし、出口前の駐車帯に停めた車の中で待てど暮らせど出てこない。で、どうしたのかなと思ってその事務所に行ったら、出てきた事務の女性に『さっき、うち(発注先)の者と車で現場確認に行きました』という返事が返ってきて、呆れて帰ってきた」と一気にまくし立てられました。

更に30分後にA君が事務所に戻ってきました。発注先の人に送ってもらったそうですが、A君が先輩社員に対して言った第一声は「いやあ、置いていかれちゃいましたねえ」だったので、先輩社員は嚇怒して出て行ってしまいました。

「おいおい、一体何があったんだい?」と話を聞いたところ「発注先に書類を持っていったら、別件で現場で相談したいことがあると言われたので、一緒に行きました」、「じゃあ、行く前に先輩社員に断って行くか、用事があるので別途でお願いしますと言えば良かったんじゃないの?」「そんなに時間がかからないと思ったので・・・」「・・・でも、1時間も待たされたら普通怒ると思わない? 少なくとも最初に言うべきなのは『いやあ、置いていかれちゃいましたねえ』じゃなくて『ごめんなさい』だろう?」「・・・まずかったですかね?」というような会話をすることとなりました。幸い、あいさつ回りはノーアポなのでお得意さんが待たされて激怒するということは避けられていたわけですが。

ちなみにA君は五帝大の一つを卒業しています。頭は極めてよいはずなのですが、先行き厳しいなあと思わざるを得ませんでした。取りあえず先輩社員には私がとりなしをして表面上は収まりましたけど、その後ぎこちなくなったのは言うまでもありません。

前々からちょっと??と思っており、ある程度自信があったのですが、この件で絶対にA君は自分の息子系だなと確信してしまいました(松坂大輔さんの名言を借用しましたw)。

逆に言うと、この先療育を続けてもこういうトラブルは出てくるんだろうなと他山の石として受け止める部分もある反面、こういう性質でも社会に出ちゃう人もいるんだなとちょっと気が楽になったりもしています。

(今回はかなり脚色しておりますが、できごとの趣意はこんな感じだったことをお断りしておきます)。

« (187) 回復 | トップページ | (189) 書字 »

発達障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (188) 会社での経験:

« (187) 回復 | トップページ | (189) 書字 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ