« (166) 検査結果 | トップページ | (168) スペクトラムと溝 »

2010年9月18日 (土)

(167) 2学期になっても

学校に行くのを嫌がっています。

離席はかなり減っているようですが、基本的に話を聞いておりません。本人に分かるようにお話しているわけでもないので何を言っているのかがわからないのか、話の内容に興味がないのか、その両方なのか分かりませんが。

いずれにせよ、家でGoogle Earthをやっている時のように瞳を輝かせているわけではないようで(笑)、学校が楽しいところだというわけでもなく、従って行くのもイヤだ、ということになるんだろうなあと思います。

ただ、泣いて嫌がるほどでもないので、そういう「苦情」は受け流して妻が上手に送り出しており本当にエマージェンシーになるまでは、学習などは家や療育機関で補いつつ事態を見守るほかないなあと思っています。

とはいえ、今自分が毎日喜んで会社に行っているか?と問われれば答えは明確にNo!であり、大人だからそれを口に出さないだけだというのも一面では真実だと思いますので、イヤなものをイヤだと言えば忌避できるという誤学習だけはさせなければ良いかな、と思っています。

« (166) 検査結果 | トップページ | (168) スペクトラムと溝 »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (167) 2学期になっても:

« (166) 検査結果 | トップページ | (168) スペクトラムと溝 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ