« (165) 教育制度 | トップページ | (167) 2学期になっても »

2010年9月16日 (木)

(166) 検査結果

(160)で書いた検査結果が出ました。まだ、口頭で言われただけで、正式に文書で頂けるそうですが・・・

動作性IQと言語性IQに大きな差はありませんでしたが、下位項目にバラツキが見られるそうです。ゆえに、やはり支援は必要だとのこと。注意記憶はかなり良かったそうです。

最近読んだ本では、足りないところを補わせるよりも得意なところを伸ばすようにした方が良いと書かれており、得意な分野が見つかったことは嬉しいことでした。

もちろん、数値的なものも無視はできませんが、傾向を知ることで支援の方向がわかることの意味は大きいと思います。

結果については、療育の先生とも相談して対応したいと思います。

« (165) 教育制度 | トップページ | (167) 2学期になっても »

療育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (166) 検査結果:

« (165) 教育制度 | トップページ | (167) 2学期になっても »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ