« (161) 2学期を前に | トップページ | (163) 普通って »

2010年9月 1日 (水)

(162) ギャップを埋められるか

今日から学校が始まりました。学校に行くのイヤだ、ということはなくてホッとしました。

学校は午前中で終わりでした。防災の日ということで妻は息子とこれまた今日から始まった幼稚園の妹の引き取り訓練があり、両方かけもちで引き取りをしたそうです。

学校が始まったところで、また指導計画の相談をしなければならないなと思っているのですが、(149)でも書いたように療育の先生が一度学校を見てみたい、とおっしゃってくれており、その調整もしなければ、と思っています。

療育の先生は、私達が話す学校での様子と目の前で課題に取り組んでいる息子の様子にずい分差があるなと思っておられるようで(つまり療育先ではお利口さん)、一度様子を見たいと思ったそうです。

ありがたい申し出でもあり、是非御願いしたいと思っております。そういうちょっとしたことからより学校で過ごしやすくする糸口が見つかれば良いなと思っています。

« (161) 2学期を前に | トップページ | (163) 普通って »

学校・幼稚園での様子」カテゴリの記事

療育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (162) ギャップを埋められるか:

« (161) 2学期を前に | トップページ | (163) 普通って »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ