« (160) 発達検査 | トップページ | (162) ギャップを埋められるか »

2010年8月29日 (日)

(161) 2学期を前に

これは書こうか迷ったのですが・・・

まだ妻子が妻の実家に帰省していた時のこと。息子が妻の母(息子の祖母)から「学校は楽しい?」と聞かれた時に、「楽しくない」と応えたそうです。妻の母は当然「どうして?」と問い返したわけですが、その答えは「バカと言われるから」とのことでした。

いずれは来るだろうと思っていたことですが、もう来ちゃったなというのが実感です。

先生の指示を聞いていない、不規則発言がある、よくわからないことを何度も言う、やたらとイヤイヤ拒否する子を健常児とはいえボキャブラリーに限界がある1年生が一言で表現すれば「バカ」になっちゃうだろうなと思いますし、それを学校に乗り込んでやめさせることもできないでしょう。そもそも、普通学級を(消去法とはいえ)選択し社会を知ってもらうことを期待している以上、これも避けられない道だなあと思います。

また、これは息子にプライドというものが育っていることも示しています。バカと言われることは自分がまさに馬鹿にされていることを認識し、かつそれを不快に思っているわけで、これも成長の証です。

息子には「先生のお話を聞いていないでしょ? 先生のお話を良く聞いてその通りにしていればバカと言われなくなるよ」と説諭しておりますが、2学期が始まるとどうなるでしょうか。

« (160) 発達検査 | トップページ | (162) ギャップを埋められるか »

高機能広汎性発達障害児育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (161) 2学期を前に:

« (160) 発達検査 | トップページ | (162) ギャップを埋められるか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

  • twitterやっています

派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ

  • 派生ブログ:障害児育児から見た世の中のしくみ
    こちらの派生ブログです。 こちらが息子を中心に息子の成長の様子や成長に関わり教育や社会について考えたことを書いているのに対し、同じ発達障害絡みではあるものの、広く社会一般を理解する一方法を軽く書いています。 せっかく学んだ発達障害の知識を生かすとすれば、という視点で書いています。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ